Skip to Main Content

MFSの運用アプローチ

統合されたリサーチ

私たちは、ファンダメンタル、クオンツ、クレジットそれぞれの分析を統合して世界中の投資機会を見出します。

  • MFSが世界中に擁する運用プロフェッショナルの分析結果は、8つのグローバルセクターチームにおける情報共有を通じてMFSの運用に余すことなく活用されます。セクターチームには、株式アナリストのほか、債券アナリスト、クオンツアナリスト、ポートフォリオマネジャーが属します。
  • このような運用チームの「統合」を通じて幅広さと深みを持つ視野が醸成され、より優れた投資判断に繋がります。
  • さらにMFSの運用を特徴づけるのは、時間軸の長さです。ファンダメンタルズに注目し、長期的な視点から企業の価値を精査することで、多様かつ豊富な投資機会が見い出されます。

グローバルなコラボレーション

コラボレーションを有効に機能させるため、価値観の共有や、人事考課、長期志向を重視します。

  • 運用プロフェショナルの評価では、長期のパフォーマンスだけでなく、360度評価により測定されるチームへの貢献度が重視されます。
  • 私たちは、チーム志向に積極的な人材を採用し、チームへの貢献を高く評価します。それがお客様にとって良い結果をもたらすと、私たちは確信しているからです。

積極的なリスク管理

アクティブなリスク管理を行うべく、部分最適ではなく包括的なアプローチを採ります。銘柄、ポートフォリオ、会社レベルで状況を把握し、アルファ(超過収益)創出を念頭にリスクを管理します。

  • MFSでは、リスク管理を重要なプロセスと位置づけ、日次、週次、月次、半年毎に様々なモニタリングとレビューを行い、すべてのポートフォリオを管理しています。
  • 運用チームが一丸となって厳正で論理的なリスク管理を行います。
  • 「ポートフォリオのリスクガイドライン内で可能な限り最大のリターンをお客様にお届けすること」がMFSの目標です。
  • 長期志向の投資家として、短期の市場変動に動じず、ファンダメンタルズを重視し、厳しい市場環境下にあっても価値を保つことのできる投資対象を厳選することが、最善のリスク管理につながると考えています。
×